コラムのバックナンバー

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年

2011年

当会員による新型コロナワクチン4回接種につきまして(2021年08月)

 先日よりみなさまに多大なご迷惑をおかけしております当会会員による
新型コロナワクチンの4回接種につきまして、四日市薬剤師会の決定を
ご報告させていただきます。

 当事者に対し退会勧告を行っておりましたが、8月23日の退会届の
提出を受け、臨時理事会で審議いたしました結果、同日付で受理、
退会といたしました。 本件について様々な憶測や噂が流れるなか、
所定の手続きを経るために時間を要しましたことを深くお詫び申し上げます。

 みなさまからのご指摘、ご意見を真摯に受け止め、会員一同、信頼回復に
努めてまいります。


新型コロナワクチンの複数回(4回)接種につきまして(2021年08月)

このたびは当会会員による新型コロナワクチンの複数回接種により
市民のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
 いまだワクチンが希望者全員に行き渡らないなか、市民の健康増進と薬剤の
適正使用を推進する立場である薬剤師がこのような事態を引き起こすことは、
みなさまの信頼を裏切り混乱を招く重大な行為であり、如何なる理由があろうとも
許されることではありません。
 四日市薬剤師会はこのことを厳粛に受け止め、当事者に対しては厳重な注意を、
会員に対しては徹底した周知と指導を行い再発防止につとめてまいります。
 今後も日々の業務をとおして一日でも早くみなさまの信頼を回復できるよう邁進してまいります。
 本当に申し訳ありませんでした。


令和3年 葉月(2021年08月)

 虫嫌いを自覚したのは小学生の頃です。
通学路でたまたま目にしたアゲハ蝶の胴体が
いやにグロテスクに見えたのがはじまりで、
それとは知らずに宝ものにしていたいくつもの
カマキリの卵鞘から一斉に羽化してうごめく
幼虫を目撃したことがダメ押しとなり、今では
虫の羽音を聞くだけで寒気がするほどの虫嫌いになりました。

 ところで地球上で最も人間の命を奪う生き物は何だと思いますか?
答えは「蚊」です。蚊はマラリアや日本脳炎、デング熱など感染症の
病原体を媒介して人間の健康を脅かし、その死者数は年間約83万人
にものぼるそうです。私たちの発する体温や汗のにおい、二酸化炭素などを
目印に近づいてくる蚊の対策にはディートやイカリジンが有効ですが、
これらは蚊の感覚器官を混乱させて人や動物を見つけられなくすることで
虫よけ効果を発揮します。そのため虫よけ剤を使用する際にはムラなく
しっかり塗ることが大切です。

 店頭にはさまざまな虫よけ剤が並んでいます。
用途に応じて正しく使い、楽しい夏をお過ごし下さい。


令和3年 文月(2021年07月)

朝はパン派のわが家の食卓に牛乳は欠かせません。
ほぼ毎朝、目が覚めた時に「このままごろごろしていたい」と
思ってしまう怠け者の私でも、エスプレッソに牛乳を注いで
ひと口飲めば、今日もなんとか頑張ろうと前を向くことができるのでした。

 各地で新型コロナワクチンの接種が進んでいます。
ワクチンの歴史はイギリス人医師エドワード・ジェンナーが、
牛の乳搾りにたずさわる人達が牛痘という弱い天然痘にかかると
天然痘自体にはかからない、という事実に着目したことから始まりました。

 ところで四日市薬剤師会では、抗がん剤等の調製経験のある
会員が中心となって新型コロナワクチンの調製に関する研修や試験を行い、
その合格者たちが各集団接種会場に出務しています
。出務には重い責任がともないますが、いつかみんなでマスクをせずに
笑いあえる日を思い描きながら、一丸となって任にあたっています。


令和3年 水無月(2021年06月)

 道すがらあじさいが目につく季節になりました。
青、白、紫、ピンクとさまざまな色が鞠のように重なる様子は
まるで大きな花束のようで、目にも涼しくさわやかな気分になります。

 あじさいが彩りゆたかな理由には、品種や老化現象などの他に
土から吸収されるアルミニウムの量があげられます。
あじさいに含まれるアントシアニンと補助色素にアルミニウムが反応
すると青色になるため、あじさいはアルミニウムの溶けやすい酸性の
土では青色に、中性からアルカリ性の土では赤色に育つそうです。 

 ところでアルミニウムといえば、身近なところで一円玉やアルミホイル
などが思い浮かびますが、その化合物は「制酸剤」と呼ばれる一部の
胃薬にも使われており、胃酸を中和することで消化性潰瘍や胃炎を治療します。

 日本は雨が多いため一部の地域を除いて酸性の土が多いそうですが、
あじさいを眺める時、その色の理由を推理してみるのも楽しいかもしれませんね。


令和3年 皐月(2021年05月)

飼い犬と散歩をしていると、時々目につくのが道端に
ポイ捨てされたゴミです。特にタバコの吸い殻は、
白いものが大好きな愛犬が何かの拍子に口に
入れてしまわないように常に目を光らせています。

 ご存知のようにタバコにはニコチンや一酸化炭素などの
有害物質が含まれており、依存性や脳卒中・心臓病・
がんなどの健康被害、受動喫煙が問題になっています。
また喫煙者では新型コロナウイルス感染症の重症化、
死亡リスクも高いといわれています。

 5月31日は世界禁煙デーです。
受診条件を満たせば健康保険を使って医師のサポートの
もと比較的楽に禁煙治療が受けられ、しかも成功率は
自力での禁煙に比べて3〜4倍になるそうです。
禁煙治療が受けられる医療機関について
ご関心のある方は「禁煙外来」で検索してみてください。


令和3年卯月(2021年04月)

新年度を迎え、日に日に春らしくなってきました。
茶色かった下生えが緑色に変わり、モンシロチョウが菜の花や
たんぽぽの周りをふわふわ飛んで、はじまりの季節にふさわしい景色です。

 さて、四日市市では今年度から中学3年生を対象に学校検尿における
ピロリ菌検査がはじまります。ピロリ菌は慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍、
胃がんなどの病気と関連するといわれています。
幼少期に感染したピロリ菌は胃で生き続け、粘膜に炎症を起こしてこれらの
病気のリスクを高めるため、胃に大きな影響の出る前の若いうちに除菌することが
大切だそうです。また体への負担が少なく、希望者を取りこぼすことなく検査
できるとして、学校検尿での実施が決まりました。

 四日市薬剤師会は、所属の学校薬剤師による学校検尿という形で
この事業をお手伝いしています。また、今後、除菌が必要となった際、
薬に関してご不安な点があればお近くの薬剤師までご相談下さい。
これからもさまざまな活動を通じて皆さまの健康増進にお役に立てればと思います。


令和3年 弥生(2021年03月)

 時々のぞく農産物の直販サイトで宇和島産の柑橘類が目に留まりました。
随分前に宇和島出身の方からいただいた柑橘類がとてもおいしかった事を
思い出し取り寄せてみたところ、あざやかなオレンジ色の果実はゼリーのように
甘くみずみずしく、思わず二度目の注文をしてしまいました。

 柑橘類と薬の飲み合わせについてはグレープフルーツがよく知られています。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類によって薬を分解する酵素の働きが
抑えられるため、一部の高血圧薬や免疫抑制剤などは作用が強くなりすぎて
副作用が出ることがあります。分解酵素が新しくなるまでに数日かかるため、
これらの薬を飲んでいる間はグレープフルーツやその加工品の摂取を控える
必要があります。野菜ジュースやミックスジュースにもグレープフルーツ果汁が
含まれる場合があるので注意しましょう。また、グレープフルーツ以外の柑橘類にも
フラノクマリン類が含まれているものがあり、夏ミカンやハッサクなどは摂取を避けた方がよく、
温州みかんやデコポンは影響がないとされています。

 飲食物と薬の相互作用について気になる方はお近くの薬剤師までご相談ください。


令和3年 如月(2021年02月)

山の近くを車で走っていると、ガードレールに猿が腰掛けていました。
車通りをものともせずに熱心に見つめる対向車線側にはかわいらしい
小猿が3匹、のり面のコンクリートをよちよちつたい歩きしており、
のどかな光景に心がなごみました。

 「サル」と名のつく植物には「サルスベリ」や「サルノコシカケ」
「サルトリイバラ」などがありますが、「ケナシサルトリイバラ」の塊茎を
乾燥させたものは山帰来(サンキライ)という生薬になります。
山帰来には利尿・排膿・解毒作用があり、便秘にともなう
肌荒れ改善のために市販のさまざまな便秘薬に配合されています。

 「サルトリイバラ」はトゲのある蔓やひげ根が他の木にからみついて
入り込んだら猿も思うように動けない、というところから名付けられたそうです。
害獣と呼ばれているのは承知の上で、せめて小猿たちには引っかからないで
欲しいなと思ってしまうのでした。


令和3年 睦月(2021年01月)

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

 今年は雪の元旦でしたね。
早朝、初雪にはしゃぐ飼い犬と一緒に、まだ誰も踏み固めていない
真っ白な道を散歩するのは寒いながらも楽しい出来事でした。
別名「六花」といわれるように雪の結晶は基本的には六角形をしていますが、
これは水の分子が氷になるとき六角柱の形で結合しやすいからだそうです。

 ところで薬学の世界にも六角形のもの「ベンゼン環」があります。
ベンゼン環とは6個の炭素原子が亀の甲羅のように結合したもので、
例えば鎮痛剤として有名なアセトアミノフェンやアスピリンなど薬の構造にもよく使われています。

 まだまだ寒い日が続きそうですが、体調管理に気をつけて元気に過ごしましょう。