お知らせ

2022/01/17  おくすりの相談


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

薬剤師がお話を伺います。

毎月第3土曜日 午後2:00~午後4:00

◆本町プラザ 5階  くすりの相談室
  
   *  新型コロナウイルス感染症拡大を懸念し、
      当面の間電話にてのご相談のみとさせて
      いただきます。ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

◆近鉄百貨店四日市店 2階

   *  新型コロナウイルス感染症拡大を懸念し、
     当面の間、中止させていただきます。
     
  

次回の電話相談は、令和4年2月19日(土) です。
(専用ダイヤル ☎ 059-350-3925)

*お薬手帳をご準備ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2019/05/20  ◆◇◆◇ 資料掲載のお知らせ ◆◇◆◇

『平成30年度 一般社団法人四日市薬剤師会 在宅療養サポート対応薬局一覧』を掲載いたしました。
活動報告のページをご覧ください。


2019/11/05  資料掲載のお知らせ

令和元年度一般社団法人四日市薬剤師会在宅療養サポート対応薬局一覧を更新致しました。
活動報告のページをご覧ください。

2020/12/01  資料掲載のお知らせ

令和2年一般社団法人四日市薬剤師会「在宅療養サポート対応薬局一覧」を
掲載いたしました。活動報告のページをご覧ください。


コラム

令和4年 睦月


 あけましておめでとうございます

 実家の片付け中にたくさんのアルバムが出てきました。
今の私よりもずっと若い父母やあどけない弟たち、セピア色になった
若かりし日の祖父母など、片付けそっちのけで眺めていたらあっという間に
時間が過ぎてしまいました。

 「セピア」とはイカスミのことで、かつてこれを原料に
インクが作られたことから色を表す言葉になったそうです。

 ところでパスタなどでイカスミを食べると、くちびるや口の中だけでなく便まで
真っ黒になっておどろきますが、薬によっても便の色に変化が起こる場合があります。
たとえば鉄剤は便を黒く、一部の結核治療薬では橙赤色にする可能性があります。
また、てんかんの薬や潰瘍性大腸炎の薬などでは便に白色の残渣が混じる場合があります。

 便の色は食物や薬、体調などさまざまな要因によって変化します。
便の色がいつもと違ったり気になる場合は、医師や薬剤師にご相談ください。

コラムのバックナンバー

以下のリンクをクリックすると、バックナンバーのページへ移動します。

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年

2011年